ニュースリリース

メガソフト,Windowsターミナルサービス対応FAXクライアントを発売

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

メガソフト⁠株⁠は2月8日,クライアントPCに個別にインストールすることなくFAXの送受信ができる,Windows Serverターミナルサービス対応FAXクライアントソフト「STARFAX TS」を3月31日より発売することを発表した。

「STARFAX TS」は,同社のファクスサーバソフト「STARFAX Server 2010」専用のターミナルサービス対応クライアント。STARFAX TSをWindowsターミナルサーバにインストールするだけで,ネットワーク接続されたPC(最大25台)からファクスの送受信を行うことができる。リモートデスクトップ,RemoteAppでファクスクライアントの操作が可能で,クライアントPCに個別にソフトをインストールする必要がないので,導入やバージョン管理などの作業コストの大幅な軽減を実現する。

また,外出先からインターネットに接続したPCを使い,ターミナルサーバにアクセスしてファクスを送受信することが可能で,出先でもファクスの確認・送信をすることができる。

価格は25ライセンス版で262,500円(税込)⁠

メガソフト⁠株⁠
URL:http://www.megasoft.co.jp/

コメント

コメントの記入