ニュースリリース

Cloud2――Salesforce.comが目指すオープンプラットフォーム戦略

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

株式会社セールスフォース・ドットコムは2011年2月28日,同社が考えるオープン・プラットフォーム戦略「Cloud2」に関して記者説明会を開催した。今回の説明会に伴い,2011年1月に買収が完了したHeroku COOも務める,米Salesforce.com,Senior Vice PresidentのByron Sebastian氏が来日し,最新動向と展望について述べた。

米Salesforce.com,Senior Vice PresidentのByron Sebastian氏

米Salesforce.com,Senior Vice PresidentのByron Sebastian氏

クラウドコンピューティングのシフト

Byron氏は,Salesforce.comの業績の伸び,最新ツールChatterの説明を行った後,クラウドコンピューティングシーンのシフトについて説明した。同氏によれば4,5年前にスタートしたクラウドコンピューティングを「Cloud1」とし,キーワードとして「簡単・速い・低コスト」を挙げた。

これに続く動きとして,「Cloud2」のシーンへのシフトが始まっており,それを支える技術・考え方として「ソーシャル・モバイル・オープン」の3つのキーワードを掲げた。

Salesforce.comが考えるCloud2のイメージ

Salesforce.comが考えるCloud2のイメージ

Cloud2が推し進めるトレンド

Cloud2を支えるインフラとなるのが,同社が開発し,推進し続けるForce.comである。そして,Force.comを含めたCloud2の概念では,システムのアーキテクチャ面,運用面で次のようなトレンドをサポートし推進していくそうだ。

Cloud2が推し進めるトレンド:アーキテクチャ面

Cloud2が推し進めるトレンド:アーキテクチャ面

Cloud2が推し進めるトレンド:運用面

Cloud2が推し進めるトレンド:運用面

これについて,Byron氏は「技術の進化に合わせて開発環境が変化していることに加えて,ユーザの体験,顧客のニーズが変化することによって求められるトレンドが変化しており,Salesforce.comは,それに対応するための環境作りをしている」と述べた。

また,絶対条件として「オープンであること」を挙げ,今後はますます閉鎖的なモデルがなくなり,相互運用性,オープンソーステクノロジーが重要な役割を担っていくとし,⁠企業がクラウド戦略を進めるときに,⁠単体の)テクノロジーではなく,選択肢の多さ,自由度の高いプラットフォームでベンダを選ぶ時代が来ている」とコメントした。

Force.comは,Appforce,Siteforce,VMforce,Herokuといったテクノロジー・アプリケーションをサポートするプラットフォームである

Force.comは,Appforce,Siteforce,VMforce,Herokuといったテクノロジー・アプリケーションをサポートするプラットフォームである

Byron氏はHerokuについて「Rubyは最もエキサイティングな言語の1つ」と紹介し,買収完了により,Force.com,Herokuを通じてRubyによる最適な開発が行えるようになったことを喜んだ

Byron氏はHerokuについて「Rubyは最もエキサイティングな言語の1つ」と紹介し,買収完了により,Force.com,Herokuを通じてRubyによる最適な開発が行えるようになったことを喜んだ

database.com――Cloud2のために構築されたエンタープライズデータベース

説明会の最後に,同社がCloud2環境のために構築したエンタープライズデータベース「database.com」を紹介した。

database.comは,

  • リレーショナルデータ
  • 完全テキスト検索
  • ユーザ管理
  • 行レベルのセキュリティ
  • トリガ,ストアドプロシージャ
  • 認証
  • API

などの特徴を持ち,⁠これをクラウド上で利用することで信頼性の高い,安全なDBシステムが構築できる」⁠Byron氏)と説明した。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入