ニュースリリース

クララオンライン,東日本大震災復興支援,名古屋データセンタ利用のクラウドサービス「Cloud for Relief」開始─初期費用10万円のみで最大2年間利用可能

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

⁠株⁠クララオンラインは,名古屋のデータセンタを利用したクラウドサービス「Cloud for Relief」シリーズの提供を4月11日より開始する。

同サービスは,東日本大震災の影響による東京電力管内の計画停電,および今夏の電力供給不足の見込みに対応した電力シフト要請による,中部電力管内でのオフサイト・セカンダリサイトの立ち上げサポートを目的とするもの。

3月14日から実施されている東京電力管内での計画停電に対応し,一部の企業では中部地域以西へのシステム移設が進行している。また経済産業省は産業界に対して,電力の需要抑制のために関東圏以外へ電力需要を分散するよう求めている。名古屋データセンタは中部電力管内にあるため国の要請に合致し,中部電力が国内電力会社のうち原子力発電による発電比率が最も低い(原子力発電が無い沖縄電力を除く)ことなどから,将来にわたる安定した電力供給が期待できると同社では見ており,クララオンラインでは今後は名古屋データセンタをクラウドサービスの重要な展開拠点とする方針とのこと。

「Cloud for Relief」シリーズの第一弾として,4月11日(月)より,⁠Cloud for Relief⁠Discovery‐Nagoya‐”」の提供を開始する。同サービスは初期費用100,000円(税込)のみ,月額使用料無料で,最大2年間クラウドサービスを利用可能なプラン。

その他のサービス概要は以下の通り。

サービス名称Cloud for Relief⁠Discovery ‐Nagoya‐”
提供価格初期料金100,000円(税込)⁠月額料金0円
データセンタ名古屋データセンタ(名古屋市内)
ディスク容量50GB
メモリ最大値1GB
提供OSCentOS 5
回線帯域100Mbps共用
データバックアップ標準(無償)
サービス提供期間2011年4月11日~2013年3月31日
申し込み可能期間2011年4月11日~2011年9月30日
申し込み方法2011年4月11日(月)より同社サービスサイトにて受付開始

なお,クララオンラインでは同サービスの売上の一部から,東日本大震災からの復興・再建を進める医療施設・介護施設・老人ホーム等に対して,同サービスのサーバ1契約につき1台の手押し型車いすを寄贈する予定(後援:中部テレコミュニケーション(株))⁠

東日本大震災復興支援プロジェクト Cloud for Relief
URL:http://www.clara.jp/service/cloud_for_relief/
「Cloud for Relief」Facebookページ
URL:http://www.facebook.com/pages/Cloud-for-Relief/138993399502017

コメント

コメントの記入