ニュースリリース

グレープシティ,Javaチャート作成コンポーネントWebCharts3D 5.3J発売

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

グレープシティ⁠株⁠は,Javaシステムにチャート生成機能を提供するコンポーネント「WebCharts3D 5.3J」を6月23日に発売する。価格は1開発ライセンス207,900円(本体価格198,000円)⁠サーバ運用ライセンスはシングルコア1CPUで554,400円(本体価格528,000円)⁠

WebCharts3Dは,Eclipse上で利用することもできる専用GUIデザイナを使って見栄えの良いチャートを短期間で開発できるJavaチャートコンポーネント。外観デザインからデータソース設定,テスト実行時のプレビュー,ソースコードの自動生成までノンコーディングで実装が可能となる。

棒,円,折れ線といった基本グラフや株価チャートなどの専門グラフに加え,アナログメーターのような外観のゲージや,地図のように塗りわけができるマップなど,リッチなユーザーインタフェースのチャートを開発することができる。各チャート種には柔軟な外観設定ができる豊富なプロパティを備えている。

また,FlashのほかHTML5準拠の形式でのチャート生成もサポートしているため,RIA用にアニメーション効果を持ったチャートも生成可能。

WebCharts3D 5.3Jでは立体地図のような3次元データを面で表現できる3D面チャートなど,新たなチャート種を加えたほか,画像や書式つきテキストをチャート領域に表示できるフリーラベル機能が追加されている。

サポートされているチャートの一部

サポートされているチャートの一部

WebCharts3D 5.3J
URL:http://www.grapecity.com/japan/java/WebCharts3D/
グレープシティ⁠株⁠
URL:http://www.grapecity.com/

コメント

コメントの記入