ニュースリリース

Google,東日本大震災復興を支援する2つのプロジェクトを開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

グーグルは5月16日,東日本大震災の復興支援プロジェクトとして,未来へのキオクの提供開始を発表した。

東日本ビジネス支援サイトは,グーグルが4月末から提供しているビジネスファインダー」⁠や5月16日に公開となったYouTube ビジネス支援チャンネルに寄せられたお店のメッセージやコンテンツを,地域やテーマごとに定期的に特集として紹介し,東北のビジネスを支援する。

また未来へのキオクプロジェクトは,ユーザから被災地の"キオク" となる写真や動画を募集し,震災を体験した多くの方の記憶や,文化,風土を未来に伝えていくことを目的としたもの。

発表会見に立ったグーグル代表取締役の有馬誠氏

発表会見に立ったグーグル代表取締役の有馬誠氏

グーグルでは震災直後から「Google Crisis Rseponse」というプロジェクトで,安否確認システム「パーソンファインダー」「避難所名簿共有サービス」⁠⁠通行実績マップ」といったサイトを提供してきたが,今後は復興や被災地の将来に向けた取り組みが必要と考えた。また,復興支援を行っている中で,被災地からのさまざまな要望に応えるため,次のフェーズとして今回のプロジェクトの提供に至ったという。

「東日本ビジネス支援サイト」の詳細についてはGoogle Japan Blogを参照のこと。また,⁠未来へのキオク」プロジェクトは16日より画像・動画の募集を開始。被災地の過去,現在,そして将来に関わるイメージを,よりわかりやすい形で公開すべく,現在開発が進められている。詳細は未来へのキオク プロジェクト概要を参照のこと。

「未来へのキオク」の開発中のイメージ。地名で検索をかけ,地図上でサムネイルが表示される。

「未来へのキオク」の開発中のイメージ。地名で検索をかけ,地図上でサムネイルが表示される。

コメント

コメントの記入