ニュースリリース

エクセルソフト,Windows 7 SP1対応デバイスドライバ開発ツール「WinDriver v10.31」を発売

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

エクセルソフト⁠株⁠は,Windows 7 SP1およびWindows Server 2008 R2 SP1に対応したJungo社製USB/PCI/PCI-Expressデバイスドライバ開発ツール「WinDriver v10.31」の日本国内での販売を5月24日より開始した。

WinDriverはUSBとPCI/PCI-Expressデバイスドライバをユーザモードで開発できる開発ツールキット。OSの内部構造やカーネルレベルのプログラミングの知識を必要としない。Windows 7/ Server 2008/ Vista/ Server 2003/ XP ⁠x86 32bitまたはx64 64bit), Windows CE.NET/ Mobile, Linux, Mac, Solaris, VxWorksに対応し,WinDriverで開発したコードは対応するOS間で互換性がある。製品にはウィザードによるグラフィカルな開発環境,API,ハードウェア診断ユーティリティおよびサンプルコードが含まれる。

最新バージョンv10.31では,Windows 7 SP1,Windows Server 2008 R2 SP1およびLinuxカーネル 2.6.38のサポートが追加された。

WinDriverのウィザード画面

WinDriverのウィザード画面

WinDriver各製品の価格(税込み)は以下の通り。

製品名価格
WinDriver PCI Windows515,550円
WinDriver PCI Windows CE.NET644,700円
WinDriver PCI Linux x86515,550円
WinDriver PCI Linux PowerPC515,550円
WinDriver USB Windows515,550円
WinDriver USB Windows CE.NET644,700円
WinDriver USB Linux x86515,550円
WinDriver
URL:http://www.xlsoft.com/jp/products/windriver/products.html
エクセルソフト⁠株⁠
URL: http://www.xlsoft.com/jp

コメント

コメントの記入