ニュースリリース

イーフローとOpera Software,被災地向けにカスタマイズしたOpera Miniをiアプリとして無料提供

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

⁠株⁠イーフローはOpera Software ASAと共同で,NTTドコモの携帯向けにiアプリ版のOpera Miniを開発した。Opera Miniは,携帯電話用Webブラウザで,世界で最も使われているJava ME上で動作するフルブラウザソフト。サーバサイドでWebコンテンツを圧縮して転送データ量を削減するほか,タブブラウジング,スピードダイヤル(サイトへのショートカット機能)⁠パスワードマネージャなどPC用のWebブラウザとほぼ同等の機能を持つ。

これまで,Opera Miniはiアプリとは異なる携帯Java環境(Java MEのMIDP環境)上でのみ動作可能だったが,イーフローがMIDPアプリをiアプリに変換する技術を開発し,Opera Mini本体に手を加えることなくiアプリ化することに成功した。

両社は,東日本大震災の被災者が情報入手に苦労している声を聞き,開発中のiアプリ版Opera Miniに被災地向けのカスタマイズを加えて,スケジュールを前倒ししてβ版として無料で提供することとした。ドコモマーケットから無料でダウンロードできる(パケット料金は別途必要)⁠サービスの利用可能期間は2011年10月末までの予定。

iアプリ版Opera Miniの画面。被災地向け機能として,震災関連の情報提供サイトがスピードダイヤルにプリセットされている

iアプリ版Opera Miniの画面。被災地向け機能として,震災関連の情報提供サイトがスピードダイヤルにプリセットされている

なお,提供されるのはベータ版のため,以下の制限がある。

  • アプリの表示サイズはQVGA固定
  • タッチによる操作(組み込みのソフトウェアキーボードを含む)は未サポート
  • オフラインページ機能は未サポート
  • 画像保存機能は未サポート
  • ファイルアップロード機能は未サポート
Opera Mini 6 β:ドコモマーケット アプリストア
URL:http://appli.docomomarket.ne.jp/detail/BRW001_PM1_001?uid=NULLGWDOCOMO&guid=on&cid=10000002714
Opera Mini
URL:http://www.opera.com/mobile/
⁠株⁠イーフロー
URL:http://www.eflow.jp
Opera Software ASA
URL:http://jp.opera.com

コメント

コメントの記入