ニュースリリース

ブリスコラ,GuardTimeとクラウド認証分野で業務提携

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

クラウドコンピューティング企画会社の(株)ブリスコラと,電子データの真正性証明サービスプロバイダー,日本ガードタイム(株)(GuardTime)は,クラウド認証分野において業務提携した。両社はクラウド環境に対応した電子データ真正性証明サービスの構築を開始する。

GuardTimeは,暗号鍵を使わずに電子データの時刻,発生源と内容を証明できる「キーレス署名サービス」を開発し,グローバル市場で企業やクラウドサービス事業者などのパートナーにサービスを提供している。一方,ブリスコラは,オンプレミスとクラウドや複数のクラウド間のデータ連携を実現するクラウドデータ連携サービス「Concord」(SaaS)等のアウトソーシングサービスや,法人向けクラウド事業企画,開発,マーケティング,アライアンス,テクノロジーなどを提供している。

今回の提携により,クラウド環境に対応した電子データ真正性証明サービスの構築を開始する。このサービスにより,利用者やクラウド提供事業者は,電子データが間違って変更されたり,悪意で改ざんされていないことを自動的に確認できるほか,ログやプログラムコードに署名が可能となり,信頼できるクラウドサービスを利用できるようになる。

同サービスは,暗号鍵を使わずにクラウド上の電子データの真正性を自動的に検証できるもの。インターネット上にサーバを分散配置した拡張性,冗長性の高いキーレス署名基盤を利用することで,クラウド上の大量データを高速,低コストで署名・検証することができる。

サービス提供開始は2011年10月の予定。

日本ガードタイム(株)
URL:http://www.guardtime.com/jp/
(株)ブリスコラ
URL:http://www.briscola.co.jp/

コメント

コメントの記入