ニュースリリース

at+link,安価なIPMI搭載セルフマネージド専用サーバパッケージ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

⁠株⁠リンクと⁠株⁠エーティーワークスが共同で展開しているサーバサービス「at+link」は,専用サーバの安価なパッケージ「at+link ユニットサーバサービス」を9月29日から提供する。

このサービスではサービス提供側がサーバ管理を行わず,ユーザが遠隔から専用のコントロールパネルに接続し,サーバの電源再投入やネットワークの設定などを行う方式。サーバスペック,利用台数,回線速度などもある程度固定されており,これらにより同社の通常サービスより料金を低価格に抑えている。

サーバにはIPMI(Intelligent Platform Management Interface)が搭載され,特定のハードウェアシステムやOSに依存することなくハードウェアをモニタ可能になっている。

プラン(ラックサイズ)は,S3,M5,L10の3種で,それぞれ最大3台,5台,10台のサーバ稼働が可能。またサーバはCore 2 DuoかCore i7搭載マシンを選択。今後,Xeon搭載マシンの提供も予定している。

標準サービスとして,CentOS,100Mbpsベストエフォート回線,共用ファイアウォール,IPMIサービス監視,障害監視,ハードリセット,コンソールからの確認,ハードウェア故障時の対応,提供する。 オプションとしてロードバランサ,プレミアムサポート(サーバへのログインによるトラブル対応,技術的な情報提供)⁠スポットサポート(プレミアムサポートの内容をスポットで提供)が用意される。

料金は以下の通り

 初期費用月額利用料
S379,800円29,400円
M5109,200円48,300円
L10141,750円95,550円
サーバ57,750円~2,100円
at+link
URL:http://www.at-link.ad.jp/

コメント

コメントの記入