ニュースリリース

アドバンスソフトウェア,Excelファイル生成コンポーネントの新バージョン「ExcelCreator 2012」を発売

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

アドバンスソフトウェア⁠株⁠は,Windows上のプログラムでExcelファイルを生成するプログラミングコンポーネントExcelCreatorの最新版「ExcelCreator 2012」を10月5日に発売する。

「ExcelCreator 2012」は,Visual Basic .NET,Visual C#,ASP.NET等のプログラム上でExcelファイルを簡単に作成することができるコンポーネントを提供する。実行環境にExcelは不要で,プログラム上で新規にExcelファイルを作成し,セルに対してデータ,Excel関数や計算式,セル書式,オートシェイプ等の設定ができる他,あらかじめ罫線やグラフが設定されたExcelシートに対し,プログラム上からセルに値を設定するだけで,簡単にグラフ付きの集計表などを作成できる。

同製品は,Excelのファイル形式(xls/xlsx)⁠および動作環境(.NET/ActiveX)の違いによる4種類のコンポーネントから成る。

ExcelCreator 2012の構成

製品名対応ファイル形式動作環境
ExcelCreator 8.0 for .NETxlsx.NET
ExcelCreator 5.0 for .NETxls.NET
ExcelCreator Ver3.6xlsxActiveX
ExcelCreator Ver3.0xlsActiveX

上記のうちバージョンアップされたのは.NET版xlsx形式対応の「ExcelCreator 8.0 for .NET」⁠100%マネージドコード(.NET Frameworkのサンドボックス上で動く)で実装したコンポーネントで,プラットフォームに異存しないアプリケーション開発ができるようになり,前バージョン「ExcelCreaotr 6.0 for .NET」と比べてメモリ消費量を小さく抑えることができ,Excelファイル生成速度が向上した。

また,新機能として「コードデザイナ」が追加された。複数のセルに書式やデータを設定する場合,Excelから目的のセルを直接コードデザイナ上へドラッグ&ドロップし,展開したそれぞれのセルに対して必要なデータや表示形式,罫線,背景色等を設定してソースコードを自動生成することができる。

コードデザイナの画面

コードデザイナの画面

価格は1クライアント開発ライセンス63,000円(税込み)⁠Windowsのクライアントアプリケーションを開発し運用する場合はライセンス料は必要ないが,Webサーバアプリケーションを開発,運用する場合は別途サーバライセンスが必要となる。また,旧バージョン「ExcelCreator 2007」ユーザは,2012年1月31日までならxlsx形式対応版の最新バージョン「ExcelCreator 8.0 for .NET」⁠ダウンロード版)に無償バージョンアップすることができる。

ExcelCreator 2012 製品情報
URL:http://www.adv.co.jp/product/product_excelcreator2012.htm
アドバンスソフトウェア⁠株⁠
URL:http://www.adv.co.jp/

コメント

コメントの記入