ニュースリリース

KDDIウェブコミュニケーションズ,専用サーバー「カスタマイズエンジン」新パッケージサービス提供開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

⁠株⁠KDDIウェブコミュニケーションズは,10月13日,同社のホスティングブランド「CPI」のroot権限付専用サーバ「カスタマイズエンジン」において,新たなパッケージサービスおよびオプションの提供を開始する。

今回,root権限付専用サーバーカスタマイズエンジンの新たなサービスとして提供されるパッケージは,VPNを利用することでセキュリティを維持したまま仮想的なLAN環境を構築でき,社内サーバと同じ感覚で接続ができる「ファイルサーバーパッケージ」⁠トラフィックの負荷分散ができる「WEBサーバー負荷分散パッケージ」⁠そして「メールサーバーパッケージ」⁠DBクラスタリングパッケージ」⁠DBレプリケーションパッケージ」の5種。それぞれ有料オプションとして提供される。

このほか,root権限を預かり同社が管理を代行するフルマネージドサービスにおいても,ファイルサーバーの運用から保守まで当社が行う「ファイルサーバー構築」や,データの複製をリアルタイムで保存する「WEBサーバーミラーリング」など,計4つのオプションが設けられた。

専用サーバー カスタマイズエンジン
URL:http://www.cpi.ad.jp/private/index.html
⁠株⁠KDDIウェブコミュニケーションズ
URL:http://www.kddi-webcommunications.co.jp/

バックナンバー

2011年

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入