ニュースリリース

Web広告研究会,11月4日に第1回東北セミナーを開催。翌11月5日にはボランティア活動も――企業間の幅広いネットワークとWebコミュニケーションの知見を被災者の復興支援につなげる

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

社団法人日本アドバタイザーズ協会 Web広告研究会は,2011年11月4日,同会に参加している企業の幅広いネットワークとWebコミュニケーションに関する強力な知見・発信力を活かし,東日本大震災で被災された方々や企業を支援する事を目的とした「第1回東北セミナー」を開催する。

今回のイベントは,まず11月4日に宮城県仙台市にて以下内容のセミナーを開催する。

13:00~13:10開会挨拶/Web広告研究会 幹事 次田 寿生
13:10~13:50第一部:「明日の企業に求められる明日のコミュニケーション(仮)⁠クリエィティブ・ディレクター 佐藤尚之
13:55~14:55第二部:「公開!ウチのソーシャル活用術~社内調整から具体的活用方法まで~(仮)⁠
[パネリスト]
 坂井康文(サントリーホールディングス株式会社)
 秋山奈央(日本航空株式会社)
 関澤昌弘(伊藤ハム株式会社)
15:05~16:05第三部:「対決!アクセスログサービス頂上決戦!(仮)⁠
[モデレータ]
 安田英久(株式会社インプレスビジネスメディア Web担当者Forum編集長)

[パネリスト]
 ベンダー各社(MAX13社)⁠ 調整中
16:10~17:10第四部:「共感!ソーシャルを巻き込むバスキュールの先進クリエイティブ(仮)⁠[Space Baloon Project,NikeSocial バナーなどのクリエイティブ事例]
馬場鑑平,田中謙一郎(株式会社バスキュール)

さらに,この後に参加者と現地の交流を深めるための懇親会を開催する。

翌日にかけてボランティア活動を

懇親会終了後,同日20:00ごろから翌日にかけては,ボランティア活動を行う。翌11月5日に,参加者は石巻に移動し,被災地の視察,現地でのボランティア活動につくことになっている。

参加申し込みは,以下サイトにて行える。

第1回東北セミナー
https://www.wab.ne.jp/wab_sites/contents/1381

参加については,ツアー参加に関する費用(宿泊費,翌朝食,昼食含)が2万1,000円前後(調整中)⁠別途懇親会費(2,100円)となっている。

東日本大震災が起きてから7ヵ月弱,まだまだ被災地での復興の道のりは続いている。今回のような形で,Webに関わる人たちからのセミナーを介した交流,その先のボランティアといった行動も,復興支援につながっていくはずだ。多くの方の参加を期待したい。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

バックナンバー

2011年

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入