ニュースリリース

エクセルソフト,PDFアプリ開発コンポーネント最新版「BCL easyPDF SDK 7.0」発売

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

エクセルソフト⁠株⁠は,PDFアプリケーション開発コンポーネントBCL easyPDF SDK 7.0を11月16日に発売した。BCL easyPDF SDKは,さまざまなプログラミング言語をサポートし,PDF文書の生成,編集を行うアプリケーションを簡単に構築できるプログラミングツールキット。以下のような特長を持つ。

  • 3行のコードでPDFを簡単に生成
  • 画像ファイルからPDFへの変換,PDFから画像ファイルへの変換をサポート
  • Acrobat Readerを使用せずにPDFをプログラム的に物理プリンタから印刷
  • BCL Technologies独自のPDFエンジンにより,PostScript中間ファイルを生成することなく高品質なPDFを出力
  • 無制限のマルチスレッド処理対応

新バージョンとなるBCL easyPDF SDK 7.0の主な新機能は以下の通り。

PDF Printer API(PDF出力)にMicrosoft Office 2007,2010向けのオブジェクトが追加
サーバサイドでPDF変換処理を行う際に,従来はあらかじめインタラクティブなユーザとしてサーバにログインしておく必要があったが,ログインなしでOfficeドキュメントを変換できるようになった。また XLS/XLSX,PUB,VSD,PPT/PPTXファイルをPDF出力する際の変換オプションも用意。
PDF Processor API(PDF編集)に新たなAPIが追加
テンポラリファイルを使用せずに,メモリ内でPDFページの抽出処理を可能にするProcessor.ExtractPagesMem,PDFのページを他のPDFページ上に配置できるProcessor.StampPDFonPDF,PDFページ上の特定の領域をクロップ(切り取り)できるProcessor.CropPagesなどの新しいAPIが追加された。

動作OSは,Windows XP/Vista/7/Server2003/Server3008(32/64ビット)⁠サポートするプログラミング言語は以下の通り。

  • VBScript,ASP,ASP.NET
  • Java SDK 1.5以上
  • Visual Basic 6.0
  • Visual Basic .NET
  • Visual C# .NET
  • Visual C++ .NET
  • Visual C++ 6.0,2002,2003,2005,2008,2010
  • その他 COM をサポートする言語

価格(税込み)は以下の通り。

開発ライセンス68,250円
配布ライセンス(デスクトップ)10,290円
配布ライセンス(社内サーバ)340,620円
配布ライセンス(Webサーバ)450,345円

 初年度は別途30%の年間サポート&メンテナンスの同時購入が必須。年間サポート&メンテナンスには1年間の無償アップグレード,日本語によるEmailサポートが含まれる。

BCL easyPDF SDK
URL:http://www.xlsoft.com/jp/products/bcl_tech/index.html

コメント

コメントの記入