ニュースリリース

日本でもYouTubeでの有料視聴がスタート――『ハリーポッター』シリーズや特撮モノの視聴が可能に

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Googleは2011年12月1日,日本国内におけるYouTube有料視聴をスタートした。スタート時には,国内の作品は東映とバンダイチャンネルが提供する映画やアニメ,ハリウッド作品はソニー・ピクチャーズ,ユニバーサル,ワーナー・ブラザースのコンテンツが,200本以上用意されている。

発表会の様子。左から,東映株式会社映像版権営業部長 折坂哲郎氏,YouTube パートナーシップ日本代表執行役員 水野有平氏,ワーナー・ホーム・ビデオ&デジタル・ディストリビューション・ジェネラルマネージャー 福田太一氏

発表会の様子

スタート時点で用意されているおもなコンテンツは以下のとおり。

ソニー・ピクチャーズ
REC:レック/ザ・クアランティン2 ターミナルの惨劇
ジュマンジ
東映
仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー EPISODE RED / BLUE / YELLOW(三部作)
バトル・ロワイアル
バンダイチャンネル
機動戦士ガンダムUC episode 1 ⁠ユニコーンの日」
機動戦士ガンダムUC episode 2 ⁠赤い彗星」
機動戦士ガンダムUC episode 3 ⁠ラプラスの亡霊」
ユニバーサル
ナニー・マックフィーと空飛ぶ子ブタ (吹き替え)
バック・トゥ・ザ・フューチャー
ワーナー・ブラザース
ハリーポッターと死の秘宝 PART 2
バットマン ビギンズ
フルメタル・ジャケット

視聴に関しては,一定時間のパス(ライセンス)を購入する形になっており,その間何度でも視聴できる。有料視聴の料金は新作が400円,旧作が300円(一部,無料の作品もある)⁠

購入にはGoogle Wallertを利用している

購入にはGoogle Wallertを利用している

なお,本日12月1日は日本の「映画の日」である。

映画 - YouTube
URLhttp://www.youtube.com/movies

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入