ニュースリリース

JPNIC,誰でも利用できるIPv6の検証環境の提供を開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)は12月5日,今後IPv6への対処が必要となる企業,団体に向け,自由にIPv6のテストを行うことができるIPv6テストベッド(検証環境)を約1ヵ月間無料で提供することを発表した。

この環境を使って,自社ネットワークのIPv4/IPv6デュアルスタック化,サーバ・アプリケーションのIPv6化,デバイスのIPv6化に向けた検証といった,IPv4枯渇に向けて導入が必要とされている技術について,幅広く検証ができるという。

JPNICでは,すでにアジア太平洋地域のレジストリレベルでIPv4アドレスの在庫が枯渇し,ISPレベルでの在庫枯渇も現実味を帯びてきた状況で,特にネットワークに関連したサービスや機器を提供している企業では,IPv6技術の導入が必須になっている,と今回の検証環境の設置の背景についてコメントしている。

テストベッドの概要は以下の通り。

テストベッド設置場所慶應塾大学新川崎タウンキャンパス
費用施設設備利用は無料。機材持ち込みの場合,輸送費は参加者が負担
テストベッドが提供する接続IPv4インターネットコネクティビティ(full route)
IPv6インターネットコネクティビティ(full route)
マルチホーム環境
検証期間テストベッド使用開始から1ヵ月程度
提供期間2013年3月末まで(予定)

利用申し込みは,まずJPNICサイトのIPv6対応テストベッド案内をよく読んだうえ,利用申込書(Excelファイル)の同意事項に同意,記入した後,v4tf-testbed-ap@nic.ad.jp宛にメールで送付する。申込書受領後,利用の可否がJPNICより連絡される。

日本ネットワークインフォメーションセンター
URL:http://www.nic.ad.jp/

コメント

コメントの記入