ニュースリリース

国産リソース型パブリッククラウド「GMOクラウド Public」が大幅にパフォーマンスを向上――4倍のパフォーマンス,KVM/Xenの利用が可能

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

GMOクラウド株式会社は12月7日,同社が提供するパブリッククラウドサービス「GMOクラウド Public」のサービス増強を発表し,2011年12月15日から提供を開始する。

国産リソース型クラウド

GMOクラウド Publicの特徴は,国産のリソース型クラウドサービスという点。IaaS型に比べて細かなニーズに合わせたリソース設定が行えるため,あらかじめ利用シーンが想定できる場合の運用設計がしやすい。

また,トラフィック課金がない点も他のクラウドサービスと比較して特徴の1つとなっている。

従来の約4倍のパフォーマンス,KVM/Xenの利用が可能

今回のサービス増強により,従来の約4倍のパフォーマンス(同社によるUnixBench調べ)を出せることになった他,ハイパーバイザとしてKVM,Xenの2種類に対応している。

さらに,全プランで,オートスケールやフェイルオーバーといったクラウド運用に必要な機能が実装されている。

従量課金/月額課金の2パターンから選択可能

料金体系は,大きく,ユーザ自身がスペックを設定して利用する従量課金プランと,仮想CPUやメモリ数に応じて料金体系が異なる月額課金プランの2種類に分けられている。

詳しくは以下を参照のこと。

GMOクラウド Public
http://www.gmocloud.com/service/cloud/public/
プレスリリース
http://www.gmo.jp/news/article/?id=3881

なお,弊社刊行G-CLOUD Magazine 2011 Autumnにて,GMOクラウド Publicに関する特集が組まれているので,そちらも合わせてご覧いただきたい。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入