ニュースリリース

ニューズ・ツー・ユー,第9回ネットPR実態調査の結果を発表

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

株式会社ニューズ・ツー・ユーは2011年12月21日,同社が実施した「第9回ネットPR実態調査」の結果を発表した。同調査は,企業の広報宣伝などのPR担当者206名を対象に実施たもの。

社内でのPRの重要性が高まり,PR予算は前年並み~増加が68%に

まず,以下のような結果となった。

社内でのPRの重要性について

社内でのPRの重要性について

社内でのPR予算(前年比)

社内でのPR予算(前年比)

この結果からわかる通り,各企業とも広報への意識が高まり,また実際に予算の確保をした年になっている。

ネットメディアと既存メディアを対等に扱う企業が50%超

また,ネットメディア・既存メディアに関する評価は次のような結果となった。

社内での記事掲載メディア評価

社内での記事掲載メディア評価

ネットメディア・既存メディアを対等に評価する企業が50%を超えているが,既存メディアを高く評価する企業が約20%,ネットメディアを広報活動には評価しない企業が10.7%となっている。この結果からは,ソーシャルメディアの普及とともにネットの価値が高まる一方で,ネットメディアが持ちえていない既存メディアの価値が改めて見直されていると見ることができる。

その他の結果については以下URLにて閲覧できる。

第9回ネットPR実態調査
http://netpr.jp/research/003525.php

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入