ニュースリリース

スカイアーチ,AWS Direct Connectを利用したハイブリッド・クラウドを提供開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

⁠株⁠スカイアーチネットワークスは1月12日,同日開始されたAmazon Web Service(AWS)の新サービス「AWS Direct Connect」を用いて,AWSと同社の専用サーバやハウジングサービスを専用線で接続するハイブリッド・クラウドの提供を開始した。

AWS Direct Connectは,AWSとユーザ間を専用線を使って高速に接続できるサービス。スカイアーチはAmazon EC2やS3などのAWS(パブリック・クラウド)と同じデータセンター(Equinix TY2,東京)内に,同社のユーザ専用のサーバを設置。これをプライベート・クラウドとして利用し,AWS Direct Connectを用いてデータセンター内の1Gbpsまたは10Gbpsの専用線で両者を接続することで,ハイブリッド・クラウドを構築するというもの。

専用サーバは,同社のフルマネージドホスティングサービス「Highway PROACTIVE」またはハウジングから選択でき,24時間365日の運用代行にも対応する。

AWSなどのパブリック・クラウドには,利用したいだけ利用できる,調達期間が短い,などのメリットがある一方,共有環境であるため機密性への不安やパフォーマンスが低下するリスクも想定される。これをホスティングなどのプライベート・クラウドと組み合わせ,ハイブリッド・クラウドにすることで,機密性の高いデータはプライベート・クラウド,負荷の変動が大きな処理はパブリック・クラウドに振り分けるといった運用が可能で,コストを抑えながら多様なニーズに応じたクラウド環境を実現できる。

⁠株⁠スカイアーチネットワークス
URL:http://www.skyarch.net/

コメント

コメントの記入