ニュースリリース

日本クエスト・ソフトウェア,CDPソフトNetVault FastRecover 4.5をリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

日本クエスト・ソフトウェア⁠株⁠は2月17日,CDP(Continuous Data Protection:継続的データ保護)ソフトウェアNetVault FastRecover 4.5をリリースした。

4.5ではGUIが日本語化されたほか,データ保護対象のアプリケーションとして,従来のWindowsファイルサーバ,Microsoft Exchange Server,Microsoft SQL Serverに加え,新たにOracleデータベースサーバのデータ保護にも対応。Oracleデータベースのスナップショットをリアルタイムに取得しデータ保護を行うことができる。

データ破損や損失が起こった場合は,Quest社の特許取得済みのVirtual On-Demand Recoveryテクノロジーを使用して,データのリストアを開始後30秒でOracleアプリケーションデータにアクセスすることが可能となる。またNVFR製品に組み込まれたレプリケーション機能を使って,WAN経由,NVFR Serverから別のNVFR Serverへ,NVFRで保護したOracleデータを複製することが可能。

上記の機能はOracleの他,Windowsファイルサーバ,Microsoft Exchange Server,Microsoft SQL Serverでも利用できる。

出荷開始は2012年3月の予定。価格は最小構成で48万円~(初年度保守費用込み,消費税抜き)⁠45日間無償で試用できる評価版のダウンロードが2012年3月より開始予定。

NetVault FastRecover 評価版ダウンロード
URL:http://www.bakbone.co.jp/products/downloads_nvfr.html
日本クエスト・ソフトウェア⁠株⁠
URL:http://jp.quest.com

コメント

コメントの記入