ニュースリリース

iPad第3世代発表――日米で3月16日に販売開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

米国時間2012年3月7日,Appleは次世代iPad「iPad第3世代」を発表した。

画像

2048×1536のRetinaディスプレイ

新型の一番の特徴がディスプレイ「Retina」⁠2048×1536という,これまでのモバイルデバイスの中でも最高品質の解像度を持ち,彩度44%,9.7インチ画面に310万ピクセルの表現が可能となった。また,クアッドコアグラフィックスを搭載したA5Xチップを搭載しており,iPad 2の4倍のピクセルを動作させられるようになった。

5メガピクセルのiSightカメラ

今回搭載されるカメラは5メガピクセルのレンズで,裏面照射型センサーを搭載している。動画は1080pのHD画質で録画可能となっている。

Wi-Fi+4G

ネットワークはWi-Fiの他,4Gネットワークにも対応した。これにより,従来の3Gよりも高速な通信環境を実現する。

iOS他,各種ソフトウェアがアップデート

基本OSとなるiOSが5.1にマイナーバージョンアップした他,音声入力への対応,Siriの日本語対応など,さまざまなソフトウェアがアップデートされる。

発売は日米ともに3月16日

発売日は日米とも,現地時間の3月16日。価格は4万2,800円~。本日から予約を開始している。

画像

iPad第3世代予約サイト
URL:http://store.apple.com/jp/browse/home/shop_ipad/family/ipad

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入