ニュースリリース

IDCフロンティア,RightScaleセルフポータル型クラウドサービスを正式に開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

⁠株⁠IDCフロンティアは,米RightScale社のクラウド統合運用管理ツールRightScale Cloud Management Platformへのセルフポータル型のクラウドコンピューティングサービスの提供を,3月23日より正式サービスとして開始する。同サービスは2月15日より試験サービスとして提供していたもの。

さらに,4月からは国内向けにRightScale Platformとクラウドサービスをパッケージングして提供し,円建て決済や日本語のサポートと,一定範囲内の利用なら定額となる料金体系を提供する。

RightScale Platformは,国内外の提供事業者を超えたマルチクラウド環境を実現するサービス。パブリック/プライベートクラウドを問わない運用・管理が可能である。IDCフロンティアは,日本のインフラ提供事業者としては初めてRightScaleに採用され,RightScale Platformへサービス提供される。これにより,海外の利用者からは日本でのクラウドサービスとしてIDCフロンティアが選択でき,国内の利用者は,同社の国内サービスと国外のクラウドサービスを合わせたITインフラの管理が可能となる。

また利用者にはLAMP(Linux,Apache,MySQL,PHP)環境をはじめTomcatやRailsなどのアプリケーション,ロードバランサーなど,利用用途に応じたOSやアプリケーションとその設定情報をあらかじめ組み込んだクラウドサービス用のテンプレートが提供される。このテンプレートを利用することで,同一設定のサーバをRightScale Platform上から素早く立ち上げることが可能。

この専用テンプレートは,APIで操作が行えるRightScriptも含めたServerTemplateとして10種類提供され,今後も追加提供される。テンプレート群は利用者側でカスタマイズや登録が可能で,他の利用者へも公開し,MultiCloud Marketplaceで共有することができる。

⁠株⁠IDCフロンティア
URL:http://www.idcf.jp

コメント

コメントの記入