ニュースリリース

Microsoft,同社のスマートフォンOSの最新版「Windows Phone 8」を発表――2012年秋から搭載端末発売の予定

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Microsoftは米国時間2012年6月20日,同社のスマートフォンOSの最新版「Windows Phone 8」発表した。

マルチコア対応やNFCによるワイヤレス共有も

今回のバージョンアップで行われるのは以下の項目。

  • マルチコアプロセッサ対応
  • 大きく,より鮮明なスクリーン
  • NFCによるワイヤレス共有
  • Internet Explorer 10搭載
  • お財布(Wallet)機能
  • 地図および位置情報の向上
  • 魅力的なアプリとゲームの搭載

とくに注目したいのが,マルチコアプロセッサ対応とNFCによるワイヤレス共有。マルチコアプロセッサに対応したことにより処理能力が大幅に向上される他,カーネルが共通化されている同社のOS,Windows 8上のアプリと共通のアプリ開発が実現できる。また,今後さまざまなデバイスへの実装・普及が予測されているNFCへの対応による,スマートフォンでのコミュニケーションの活性化も期待できる。

また,スタート画面も大幅に刷新される。同社ではこれを⁠Windows Phone 7.8⁠と呼び,操作性を大幅に向上するとのこと。

Windows Phone 8のスタート画面

Windows Phone 8のスタート画面

その他,日本市場でも期待されるお財布(Wallet)機能の実装が正式に発表された。今後,キャリアとの組み方と合わせて注目していきたいポイントである。

今後のロードマップは今夏後半ごろに専用開発キットと同じく新バージョンとなるVisual Studio 11ベースの開発ツールの提供を,搭載端末は今秋リリースの予定となっている。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入