ニュースリリース

日本クエスト,VMwareバックアップツール vRanger 5.5をリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

日本クエスト・ソフトウェア⁠株⁠は7月3日,VMware ESX / ESXi用のバックアップ/レプリケーション/リカバリ・ソフトウェア,vRangerの最新バージョン5.5をリリースしたことを発表した。8月1日に出荷開始の予定。

vRangerはVMware専用のデータ保護製品。仮想マシンにエージェントソフトをインストールすることなく,稼働中の仮想マシン全体をバックアップ,レプリケーション,リカバリすることができる。

vRanger 5.5ではEMCのData Domain Boost(DD Boost)をサポート。EMC Data Domainシステムへダイレクトかつ高速にデータを送ることができるvRangerバックアップ・ジョブを作成できるようになった。DD Boostの機能であるデータ重複排除プロセスのパスをvRangerサーバへ分散することで,vRangerはユニークなデータのみをData Domainシステムへ送ることができる。

またウィザードベースでのバーチャル・アプライアンス (VA) の導入や,ウィザードでVSS(Volume Shadow Copy Service)を簡単に設定することができるVSS ツール,1つのVAでのクラスタ構成のサポートなどの機能が追加されている。ユーザはvRanger VAを介し,仮想マシンのデータを直接バックアップ,リストア,レプリケートすることができる。

価格は,vRanger SEエディションが98,000円,vRanger Proエディションが148,000円(VMware ESX ServerのCPUソケット単位,初年度保守付)⁠評価版は同社のホームページからダウンロード可能で,30日間無償でMware ESX/ESXiサーバの物理CPUソケット数30個までのバックアップ/リカバリ/レプリケーションを試用できる。

日本クエスト・ソフトウェア⁠株⁠
URL:http://www.questsoftware.jp/

コメント

コメントの記入