ニュースリリース

Acroquest Technology,大量データをリアルタイムに高速処理するCEP「AcroMUSASHI CEP」を発売

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Acroquest Technology株式会社は2012年7月4日,大量データをリアルタイムに高速処理するCEP(Complex Event Processing)⁠AcroMUSASHI CEP」を発売した。

同製品は,JavaによるKey-Value型のインメモリデータグリッド製品であるAcroMUSASHI DataGridを基盤にしている。

大量データをメモリ上で処理することにより高速処理を実現し,連続的に発生する大量データ(ストリームデータ)をウィンドウという単位に分割して,SQLに類似したCQL(Continuous Query Language)と呼ばれるイベント処理言語によってデータのフィルタリングや集計を定義することができるのが特徴となっている。

具体的には,

  • 2点間の位置情報から対象スマートデバイスの移動速度を算出
  • 複数区間における移動速度の平均値を算出し,しきい値と比較して走行中かを判定
  • 走行中のスマートデバイス内で,一定期間内の移動距離ランキングをリアルタイムに算出

といった用途でのデータ処理が行える。

価格は,1コアあたり,1ライセンス150万円~。

AcroMUSASHI CEPの分析シナリオ定義画面

AcroMUSASHI CEPの分析シナリオ定義画面

AcroMUSASHI CEP
http://acromusashi.acroquest.co.jp/cep_index.html

コメント

コメントの記入