ニュースリリース

3年ぶりのメジャーバージョンアップ!Windows 8発売

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

2012年10月26日,MicrosoftのOSの新バージョン「Windows 8」が発売された。

3年ぶりのメジャーバージョンアップ

今回のリリースはWindows 7以来,約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる。その間,各種スマートフォンの台頭,タブレットPCの登場など,ユーザが使用するデバイスが多様化してきた。こうした背景を踏まえてリリースされたのが,今回のWindows 8になる。

昨日の前夜祭に続き登場した,日本マイクロソフト株式会社代表執行役社長樋口泰行氏

昨日の前夜祭に続き登場した,日本マイクロソフト株式会社代表執行役社長樋口泰行氏

Windows 8の特徴は,その新しいUI。Modern UIと呼ばれるタイル型のデザインおよびインターフェースを採用しており,これまで「デスクトップ」と呼ばれていた部分がなくなり,つねにアプリケーションが稼働しながら,ユーザ自身の使いたい環境が開いている状態となる。ユーザは,自分の好みに合わせたカスタマイズが行えるため,タブレットでもPCでも,ユーザ自身が最適化することができ,さらに,画面のサイズを気にしない体験ができるのが大きな特徴となる。

Windows ストアのオープン

Windows 8のリリースに合わせて,Windows ストアがオープンした。

Windows ストア
http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows-8/apps

これは,Windows 8向けのアプリケーションを配布するサイトで,日本国内・国外からさまざまなアプリがリリースされている。

リリースされるのは3種類

今回リリースされるのは,

  • Windows 8(一般向け)
  • Windows 8 Pro(機能追加)
  • Windows 8 Enterprise(企業向け)
の3種類。Windows 8 Enterpriseには,BitLockerやAppLockerなどの機能やWindows To Goなどの機能が実装されており,セキュリティの強化がなされている。この他,ARMベースのタブレット向けに設計されたWindows RTも用意されている。

2013年1月31日にまでの期間限定でのキャンペーンを実施

本日から2013年1月31日までの期間限定で,Windows XP,Windows Vista,Windows 7搭載を使用しているユーザを対象に,Windows 8 Proアップグレード版のパッケージ製品を5,800円で提供するとのこと。また,ダウンロード版がMicrosoftのWebサイトより3,300円で購入可能となっている。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入