ニュースリリース

IDCフロンティア,クラウド統合運用管理ツールScalrに対応

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

⁠株⁠IDCフロンティアは,同社のIDCフロンティア クラウドサービス セルフタイプが米Scalr製のクラウド統合運用管理ツールであるScalrに対応,11月1日より利用を開始したことを発表した。

Scalr社は国内のパブリッククラウドサービス提供事業者として初めてIDCフロンティアを採用し,利用者は国内外を問わずIDCFクラウド セルフタイプを含めたマルチクラウド環境を構築可能となる。

Scalrを利用することによる特長は以下の通り。

  • Web上で直観的なUIから容易な操作の習得とシステム構築が可能
  • サーバやデータベースのオートスケールをしきい値だけで簡単に設定できる
  • 障害時はデータベースのマスター/スタンバイ構成を自動切り替え
  • 仮想マシンのリソースデータを自動でモニタリングしグラフで画面表示
  • Scalrオープンソース版の利用により自社内からクラウド管理も可能
  • LAMP構成やRDBMS,KVS,ロードバランサーなどに特化したロールを標準で実装
  • 仮想マシンと自動で関連付けされるDNS機能と持ち込みゾーンの管理も可能
オープンソース版への対応は11月末を予定。

IDCフロンティアは,2012年3月より米RightScale製のクラウド管理ツールRightScale Cloud Management Platformにも対応しており,Scalrは第二弾となる。

IDCフロンティア
URL:http://www.idcf.jp

コメント

コメントの記入