ニュースリリース

Microsoft,同社初となるハードウェア「Surface RT」を日本国内で3月15日から販売開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

日本マイクロソフト株式会社は2013年3月1日,Microsoft初となるハードウェアデバイス「Surface」から,⁠Surface RT」を日本国内で発売することを発表した。発売日は2013年3月15日。

「ようやく日本でも販売することができます」と,Surface RTの発売を発表した日本マイクロソフト代表執行役社長 樋口泰行氏

「ようやく日本でも販売することができます」と,Surface RTの発売を発表した日本マイクロソフト代表執行役社長 樋口泰行氏

Windows RTを搭載したタブレット

Surface RTは,OSにWindows RTを採用したタブレットデバイス。

仕様は以下のとおり。

ディスプレイ10.6インチ,ClearType HDディスプレイ(1,366×768ピクセル)⁠5ポイントマルチタッチ
サイズ275×172×9ミリ
重さ675g
メモリ2Gバイト
HDD32/64Gバイト
搭載OSWindows RT(Office 2013 RTプリインストール済み)
センサー光センサー,加速度計,ジャイロスコープ,コンパス
外部インターフェースUSB2.0×1,HDビデオ出力ポート×1,microSDXCメモリカードスロット×1,ヘッドホンジャック,カバー端子

ユニークなカバータイプのキーボードを用意

Surface RT

Surface RT

また,端末本体に加えて,ユニークなカバータイプのキーボードが用意されているのも特徴の1つ。今回,

  • Touch Cover
  • Type Cover

の2つが用意される(別売)⁠Touch Coverはタッチタイプのキーボードとして,Type Coverはハードウェアキーが実装されているキーボードとして使用でき,それぞれ,黒,白,シアンの3色が用意されている。

2013年3月15日,価格は4万9,800円~,全国の量販店およびMicrosoft Storeで販売

発売日は2013年3月15日。価格は32Gバイトモデルが4万9,800円~。販売は,株式会社ビックカメラおよびそのグループ,株式会社ヤマダ電機およびそのグループ,株式会社ヨドバシカメラの量販店およびオンラインストアMicrosoft Storeで行われる。

各量販店パートナーとの記念写真。3月11日からのTVCMをはじめ,最大規模の広告展開を実施するなど,国内展開に力を入れていくことがうかがえた

各量販店パートナーとの記念写真。3月11日からのTVCMをはじめ,最大規模の広告展開を実施するなど,国内展開に力を入れていくことがうかがえた

詳しくは,以下サイトを参照のこと。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

  • 高価な?

    私は故意にそれが600ドルであるので、これ以上の55,687.40日本円の費用がかかりますことを信じています。

    Commented : #1  Ella (2013/03/01, 20:59)

コメントの記入