ニュースリリース

NTTPCコミュニケーションズ,新VPSサービス「WebARENA VPSクラウド」スタート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

⁠株⁠NTTPCコミュニケーションズは3月5日,同社のホスティングサービス「WebARENA」で,Webサイト制作・Webアプリケーション開発を行うユーザ向けの新たなVPSサービス「WebARENA VPSクラウド」の提供を開始した。

同サービスは,従来のVPSサービスプラットフォームにWebサイト制作/Webアプリケーション開発の作業の手間を軽減する監視やロードバランサー,バックアップ&クローン(複製)などの新たな機能を追加したもの。初期費用が無料で,初期構築の手間を省き,Webアプリケーション開発のコストを抑えたいというサイト制作やWebアプ開発者に向けたサービスといえる。

システムには,⁠株)あくしゅがWakame Software Foundationにて開発したオープンソースのクラウドコントローラ「Wakame-vdc」が採用されており,複数インスタンスを並べて直感的に使えるコントロールパネルや最短3分でのサービス開始などが実現されている。このほか,インスタンスごとにファイアウォールを設置できたり,バックアップ&クローンを簡単に作成でき,オプションでロードバランサー機能も用意されている。利用可能なOSはCentOS6。

コントロールパネル

コントロールパネル

料金は,初期費用無料で月額は3,780円~52,920円(税込み)⁠作成可能インスタンス(仮想専用サーバ)数に応じた基本サービスプランが用意されている。インスタンス数は用途に合わせてオンラインで変更することができる。データ転送量に応じた課金は行われない。

オプションのロードバランサー機能は月額3150円~,バックアップ機能は容量に応じて月額2100円~(いずれも税込み)⁠

なお,サービス開始を記念したキャンペーンが3月5日~5月13日の申込期間で開催されており,基本サービスの月額料金が最大3ヵ月無料となる。

WebARENA VPSクラウド
URL:http://web.arena.ne.jp/vps-cloud/

コメント

コメントの記入