ニュースリリース

グレープシティ,Windowsの開発手法のままWebアプリを開発できるフレームワークを発表

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

グレープシティ⁠株⁠は,Windowsフォームの開発手法のままWebアプリを開発することができるフレームワーク「Visual WebGui Pro Studio Web&Mobile 7.0J」⁠以下,Visual WebGui)を,2013年6月26日(水)に発売すると発表した。Visual WebGuiはイスラエルのGizmox社が開発したWebアプリケーションフレームワーク。

Visual WebGuiは従来の.NETベースの開発手法で,クロスWebブラウザに対応するHTML5 Webアプリ開発を可能にするVisual Studioのプラグイン。

各種コントロールはAPIレベルでWindowsフォームとほぼ同じ構造をしている。外観の設定とコーディングはWindowsフォームと同様に行える。HTMLやCSSの知識は必要ない。コーディングもイベントハンドラにVisual BasicやC#で処理を記述する。JavaScriptの知識は必要ない。

実行時はASP.NETアプリケーションとして動作する。Visual WebGuiアプリケーションはIIS上で.NET Frameworkのランタイムによって実行される。

Visual WebGuiはクライアントサイドで画面UIの生成を行う。初回にWebブラウザに送られる「Visual WebGuiカーネル」と呼ばれるJavaScriptで作成された仮想化エンジンにより実現している。そのためSilverlightやFlashのようなプラグインをWebブラウザにインストールする必要はない。

1開発ライセンス価格は14万7,000円,開発したアプリケーションを運用する配布ライセンスは15万7,500円から。

グレープシティ⁠株⁠
URL:http://www.grapecity.com/

コメント

コメントの記入