ニュースリリース

統合監視ソフトのZabbix社がZabbix 2.0搭載アプライアンス製品を受注開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

オープンソース統合監視ソフトウェア「Zabbix」を提供するラトビア共和国のZabbix SIA,日本支社のZabbix Japan LLC(以下Zabbix社)は,ぷらっとホーム⁠株⁠製ハードウェアを採用し,Zabbix 2.0を搭載したアプライアンス「Zabbix Enterprise Appliance」の受注を開始した。出荷開始は2013年6月17日(月)⁠

本製品は,サーバの購入,検証,セットアップやZabbixのインストールと初期設定,データベースのチューニング,監視処理を最適に行うための周辺ソフトウェアの設定などの作業を行うことなく,システム監視,障害通知,グラフ表示などZabbixの全機能を使用したシステム監視運用業務を開始することが可能。

2013年6月12日(水)から14日(金)に千葉県・幕張メッセにて開催されるINTEROP Tokyo 2013の,Zabbix社ブース内及びぷらっとホーム⁠株⁠ブース内にて本製品の展示を行う。

本製品はZabbix社日本国内パートナーから販売される。

なお技術問い合わせサポートを含む保守費用は,Zabbix社パートナーまで問い合わせのこと。

コメント

コメントの記入