ニュースリリース

Acroquest Technology,Javaの内部動作を可視化する「ENdoSnipe Ver.5.0」をオープンソースとして公開

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Acroquest Technologyは2013年7月11日,Javaの内部動作を可視化するソフトウェア「ENdoSnipe Ver.5.0」をオープンソース・ソフトウェア(OSS)として公開することを発表した。

ENdoSnipeは,Javaシステムの内部動作を可視化・診断するソフトウェア。gihyo.jpの連載halookで始めるHadoop/HBaseトラブルシューティングでも紹介している。

今回のバージョンアップではOSSとしての公開以外に,Acroquestが行うJavaシステムのトラブルシューティングサービスである「JaTS」での障害解析のノウハウが診断機能に組み込まれ,実際のシステムの運用環境で運用監視を行うためのAPM(アプリケーション性能監視)ソリューションとしての機能が新たに追加された。

Dashboardによるグラフ表示

Dashboardによるグラフ表示

コメント

コメントの記入