ニュースリリース

mixi生みの親バタラ氏によるエンジニアに特化したアクセラレータープログラム「East Ventures Engineer Accelerator」スタート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

2013年8月27日,East Venturesは,エンジニアに特化したアクセラレータープログラム「East Ventures Engineer Accelerator」を開始した。

East Ventures Engineer Accelerator
http://engineer.east.vc/

East Venturesは,Coiney,BASE,ツイキャス,Campfire,コウゾウ,Tokopediaなど国内外27のベンチャーへの投資を行っているVCで,mixiの生みの親の一人である衛藤バタラ氏(元株式会社ミクシィCTO)がPartnerとして参画している。

今回のアクセラレータープログラムに関しても,バタラ氏自身が「スタートアップベンチャーにおいて,アイデアを具現化できるエンジニアにフォーカスし全面的にサポートしていきたい」という,エンジニア出身の立場から考え,始めたものとなる。

主な特徴は次の6つ。

  • 完全にエンジニアに特化
  • 衛藤バタラ氏によるメンタリング
  • オフィスを無料で提供
  • 資金の投資
  • エンジニアネットワーク
  • デモデイ

エンジニアネットワークに参画しているエンジニアの顔ぶれは以下のとおり。さまざまなサービス開発に関わってきたトップエンジニアばかりだ。

名前(敬称略)プロフィール
赤松洋介モイ株式会社代表取締役(ツイキャス開発者)
衛藤バタラ元株式会社ミクシィCTO,East Ventures Partner
伊藤直也元はてな株式会社CTO
小俣泰明株式会社トライフォート CO-Founder/CTO
小山浩之株式会社ミクシィエンジニア
平林幹雄Google Japan Engineer
藤川真一(えふしん)株式会社想創社 代表取締役社長
本田謙株式会社フリークアウト CEO
安武弘晃楽天株式会社 取締役常務執行役員
山田進太郎株式会社コウゾウ 代表取締役社長

スケジュールは,9月30日まで応募を受け付けており,その後,書類審査,面接後,参加チームが決定する。実際の開始は10月中旬~2014年1月の予定。

興味のあるエンジニアはぜひ応募してほしい。

応募はこちらから。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入