ニュースリリース

SRA OSS,HAクラスタ版OSS DBソリューション「PowerGres HA Pacemaker版」販売開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

11月20日,SRA OSS, Inc. 日本支社は,PostgreSQLをベースにしたデータベース製品のPowerGresファミリーに,オープンソースのHA(High Availability)クラスタソフトPacemaker,Heartbeat,DRBDを組み合わせたHAソリューション「PowerGres HA Pacemaker版」の販売を開始した。

PowerGresファミリーには,すでにHAソリューションとしてLifeKeeper版,CLUSTERPRO版があり, 今回のPacemaker版は第3のHAソリューションとなる。複数のソフトを使用しているためインストールや設定が煩雑になりがちな,Pacemaker,Heartbeat,DRBDを同社がパッケージングし,簡単にインストールできるようになっている。

また「PowerGres Cluster Manager」を同梱し, 2つのコマンドを実行するだけで,ノードの設定,コミュニケーションパスの作成, 各リソースの作成,ミラーリングの設定,データベースクラスタの初期化など,煩雑な設定作業を簡単に行うことができる。また,IPMIに対応したデバイスを搭載したサーバであれば,STONITHによるスプリットブレイン対策も簡単に設定可能。製品には初年度サポートが付属しているほか,サポート専用のログ情報収集ツールも付属している。データベースをHA構成にはしたいが,価格や技術面で不安があったユーザに向けたソリューションとのこと。

動作OSは,Red Hat Enterprise Linux 6.0以降,CentOS 6.0以降,Red Hat Enterprise Linux 5.7以降,CentOS 5.7以降。

価格(税込み)は以下の通り。

サポートメニュー製品+初年度サポート次年度以降サポート
PowerGres on Linux HA Pacemaker版
基本2ノード構成
ビジネスタイム1,050,000円420,000円
プレミアム1,470,000円840,000円
PowerGres Plus HA Pacemaker版
基本2ノード(2CPU)構成
ビジネスタイム1,260,000円567,000円
プレミアム1,827,000円1,134,000円

同社ではこの製品の発売に合わせ,紹介イベントを大阪と名古屋で開催する予定。

11月26日(大阪)
PostgreSQL,OSS統合監視ツール最新技術セミナー in 大阪
11月27日(名古屋)
PostgreSQL,OSS統合監視ツール最新技術セミナー in 名古屋
PowerGres ファミリー
URL:http://powergres.sraoss.co.jp/

コメント

コメントの記入