ニュースリリース

Yahoo! Box Open Platform公開~Yahoo! JAPANのオンラインストレージをすべてのデベロッパーへ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

ヤフー株式会社は2014年1月27日,Yahoo! Japan初となるクラウドAPI「Yahoo! Box Open Platform(YBOP)⁠の提供を開始した。

Yahoo! Box Open Platform(YBOP)
http://developer.yahoo.co.jp/webapi/box/

YBOPは,クラウドストレージに関するWeb APIで,Yahoo! JAPANが提供するクラウドストレージ管理を,外部プログラムから利用するための機能を無料で提供するもの。次のような特徴を持っている。

Yahoo! JAPAN初のクラウドストレージAPI

Yahoo!ボックスに預けた各種ファイルを管理可能。データのダウンロード・アップロードに加えて,容量確認やファイル操作などをAPI経由で実行できる。

1,000万人の会員にリーチ

Yahoo!ボックスの会員1,000万人に向けて,開発したサービスを広くリーチできる。

豊富なAPI群

YBOPで提供しているAPIは以下のとおり。

  • サービス利用開始API:ストレージの確保や,初期登録などサービス開始処理
  • ユーザー情報API:利用ユーザの基本情報の取得
  • 一覧取得API:ファイル・フォルダの一覧取得
  • 属性取得API:Exif情報やパスなどオブジェクトの属性情報を取得
  • フォルダ作成API
  • ファイル・フォルダリネームAPI

コメント

コメントの記入