ニュースリリース

KDDIウェブコミュニケーションズ,ホームページ作成サービス「Jimdo」のユーザインターフェースを刷新~新レイアウト24種類を提供開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

株式会社KDDIウェブコミュニケーションズは2014年8月13日,同社が提供するホームページ作成サービス「Jimdo」のユーザーインターフェースを刷新し,新たに24種類のレイアウトの提供を開始した。

Jimdoはドイツで開発・設立された,簡易操作によるホームページ作成サービスで,現在世界12ヵ国で展開されている。同社は2009年よりJimdoJapanとして無料版の「JimdoFree」⁠有償版の「JimdoPro」⁠JimdoBusiness」⁠スマートフォンからホームページを開設・編集できるiOSアプリ「Jimdo-App」を展開している。

今回,日本での展開として5年目を迎え,ユーザに向けてさらなる利便性の向上を実現することを目的に,ユーザインターフェースの刷新を図ったとのこと。

今回,改良された点は以下のとおり。

  • ユーザインターフェース全般
  • スタイルモード機能の実装
  • 新レイアウト(24種類)の提供

ユーザインターフェースの改善では,各種操作部分をより直感的に行えるようにしたり,ボタンデザインを刷新している。また,スタイルモード機能では,変更したい部分を同一画面で変更できるようになっている他,JimdoBusinessプラン利用者は,株式会社モリサワが提供しているTypeSqureフォントが利用できるようになった。

その他,以下のサンプルをはじめとした24種類の新レイアウトが追加されている。

新レイアウト

新レイアウト

また,本日から「NewUI リリース記念キャンペーン」が行われている。詳しくは同社へ問い合わせとのこと。

Jimdo
http://jp.jimdo.com/

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入