ニュースリリース

グレープシティ,Windowsフォームアプリを1操作でタッチ対応に

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

グレープシティ⁠株⁠は2014年9月16日(火)⁠アプリケーションの開発に便利なコンポーネントを多数収録したスイート製品ComponentOne Studio(コンポーネントワンスタジオ)の新バージョン2014J v2を発売開始した。

Windowsフォームアプリケーション開発用スイート「ComponentOne Studio for WinForms」には,タッチ操作対応ズーム機能コンポーネント「TouchToolkit(タッチツールキット)⁠が追加された。Visual Studioのツールボックスから「TouchToolkit」の収録コントロールをドラッグ&ドロップで追加しビルドするだけで,タッチ対応OSとタッチ非対応OSの両方で操作できるズーム機能などをアプリケーションに実装できる。

ComponentOne Studioシリーズはサブスクリプション方式で販売している。初回費用は「ComponentOne Studio Enterprise」で16万2,000円(税込,以下同様)⁠⁠ComponentOne Studio for WinForms」単体エディションでは10万8,000円。1年単位の更新費用はそれぞれ初回費用の40%。⁠TouchToolkit」を使用して開発したアプリケーションを配布する場合は,別途ランタイムライセンスが必要。

グレープシティ⁠株⁠
URL:http://www.grapecity.com/

コメント

コメントの記入