ニュースリリース

グレープシティ,データ連携特化ライブラリ「CDataシリーズ」展開開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

グレープシティ⁠株⁠は2014年9月26日(金)⁠クラウドやローカルなどさまざまなシステム上のデータを業務アプリケーションに連携させるためのライブラリ「CData(シーデータ)シリーズ」⁠日本語版)の展開を開始した。

同シリーズは米国RSSBus社が開発した「データ連携」に特化したライブラリ。開発者がADO.NETやODBCなどのインターフェースで一般的なデータベースに接続するように,SalesforceやAWSなどのクラウドサービス,SharePointやLDAPなどの社内システム,Excelなどのローカルマシンのファイルと言った,さまざまなサービスとアプリケーションを接続できる。

同シリーズは連携先システムと接続する技術に合わせたラインナップを提供して行く。まずSalesforceと連携させる4製品を販売開始した。価格やライセンス体系は同シリーズ特設サイトを参照のこと。

CDataシリーズの特徴
  • さまざまな連携先システムのデータと接続できるライブラリ
  • 使い慣れた自社の業務アプリケーションでのデータ編集・データ活用が可能
  • キャッシュデータベースの作成が可能
  • 高いセキュリティの確保
「CDataシリーズ」特設サイト
URL:http://www.grapecity.com/tools/info/cdata/
グレープシティ⁠株⁠
URL:http://www.grapecity.com/

コメント

コメントの記入