ニュースリリース

プログラミング生放送,キャラクターを使ったアプリのコンテスト『マスコットアプリ文化祭 2014』を開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

IT・開発系のコミュニティ「プログラミング生放送」は,2014/10/1よりキャラクターを使ったアプリのコンテストマスコットアプリ文化祭 2014を開催すると発表した。

主催・協賛団体がPR活動などで展開しているキャラクターを利用したアプリを募集し,表彰するというもの。優秀な作品にはキャラクターグッズやキャラクターにちなんだ賞品などが贈られる。

アプリだけでなく,イラストなどの作品も受け付ける応募部門も設ける。応募部門では,応募作品に対するレビュー記事,さらには,主催・協賛団体以外のキャラクターを利用したものも応募可能。

協賛団体は,GMOインターネット(美雲このは,美雲あんず)⁠ポケット・クエリーズ(クエリ・ラヴクラフト)⁠日本マイクロソフト(クラウディア・窓辺)⁠ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン(大鳥こはく)⁠

応募規定

  1. 広く一般に公開されている作品であること(WindowsストアやGoogle Playなどに公開されていること)⁠
  2. 2014年9月以降に公開または更新された作品であり,少なくとも年内まで公開されていること。
  3. 利用しているキャラクターや素材の利用条件(ガイドライン,ライセンスなど)に反していない作品であること。
    ※公開されているアプリの⁠キャラクター版⁠や,他コンテストへ応募した・応募する作品などによる応募も可能。

漫画家 大沖氏によるイラスト

「マスコットアプリ文化祭」のWebサイトで使用しているキャラクターイラストは,漫画家の大沖氏の手によるもので,応募する作品に利用できる素材としてダウンロード可能。

Unity Pro体験版 特別ライセンスの提供

Unity Pro体験版 特別ライセンスの提供も行い,コンテスト期間中Unit Proを利用したアプリ制作も可能(先着でひとり1台までのラインセスコードをプレゼント)⁠
※作品の応募を確約する必要ありませんが,コンテスト参加者向けの特別ライセンスとなります。

10/25 Unity+キャラクターの勉強会を開催

コンテストに合せ,Unity初心者向けのIT勉強会を,渋谷にあるGMOインターネット「GMO Yours」で開催します。キャラクターに関するセッションや,キャラクター素材をUnityでの利用セッションを予定しています。

マスコットアプリ文化祭 2014
URL:http://pronama.github.io/mascot-apps-contest/2014/

コメント

コメントの記入