ニュースリリース

LINK,ベアメタル型アプリプラットフォームで仮想サーバの機能を強化

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

⁠株⁠リンクは2014年11月26日(水)より,物理サーバの追加・削除・コピーがGUIの操作で可能なベアメタル(OSの入っていない物理サーバ)クラウドサービス「ベアメタル型アプリプラットフォーム」において,仮想化の機能を強化した。

ベアメタル型アプリプラットフォームは,GUIから物理サーバをプロビジョニングできるだけでなく,ハイパーバイザーをインストールすることで仮想サーバのホストとして利用することも可能。

今後はさまざまな仮想環境の機能強化を予定している。今回はその第1弾として,リソース(CPU,メモリ)の変更がサーバ作成後も行えるように機能を強化した。

ベアメタル型アプリプラットフォームの詳細はhttp://app-plat.jp/を参照のこと。

⁠株⁠リンク
URL:http://www.link.co.jp/

コメント

コメントの記入