ニュースリリース

NTT,NTTデータの技術者3名がHadoopコミッタに就任 ─日本企業からは初

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

日本電信電話(株)(NTT)および(株)NTTデータは12月18日,並列分散処理を実現するオープンソースソフトウェアApache Hadoopおよびその関連のプロジェクトのコミッタに同社所属の3名のエンジニアが就任したことを発表した。

このほどHadoopのコミッタに就任したのは,NTTソフトウェアイノベーションセンタの小沢健史氏,およびNTTデータ 基盤システム事業本部の鯵坂明氏,岩崎正剛氏の3人。鯵坂氏,小沢氏はHadoop本体の,岩崎氏はHadoopのプロファイリングツールであるHTraceのコミッタとなる。

コミッタとは,Hadoopの開発やメンテナンスにおいて,プログラムを書き換える権限(コミット権)を持つ主要開発者のことで,現在,Hadoopの開発者として全世界で活躍する約3,000人(コントリビュータ)のうち,コミッタは約100人(2014年12月現在)。Hadoopにおいては,日本企業からの初のコミッタ就任となった。

Hadoopコミッタに就任した3氏。左から鯵坂明氏,小沢健史氏,岩崎正剛氏

Hadoopコミッタに就任した3氏。左から鯵坂明氏,小沢健史氏,岩崎正剛氏

NTTおよびNTTデータはHadoopのインテグレーションおよびサポートサービスをHadoop誕生の初期から続けており,現在同グループではHadoopインフラ関連で30名の技術者を擁し,うち10名はコントリビュータとしてコミュニティに関わっている。実際のコミュニティへの貢献実績として,2014年上半期には解決済みissue件数,貢献コード行数とも世界第4位になった。なお1~3位はHadoopサポートをメイン事業とする米Hortonworks,Cloudera,およびHadoopを世に送り出したYahoo!の3社。

今後同社は,コミッタとしてHadoopコミュニティを先導し,Apache Hadoop単体で機能,品質,互換性,ドキュメントなどを十分に整備,利用しやすいものなるよう貢献していきたいとのこと。

今回の就任説明会にてHadoopコミュニティと同グループの貢献について紹介を行うNTTデータ 基盤システム事業本部の濱野賢一朗氏

今回の就任説明会にてHadoopコミュニティと同グループの貢献について紹介を行うNTTデータ 基盤システム事業本部の濱野賢一朗氏

NTTデータ Hadoopソリューション
URL:http://oss.nttdata.co.jp/hadoop/

コメント

コメントの記入