ニュースリリース

グレープシティ,業務アプリケーションにピボット機能を組み込む

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

グレープシティ⁠株⁠は2015年1月15日(木)⁠業務アプリケーション開発に用いるコンポーネントを数多く収録したスイート製品「ComponentOne Studio」シリーズの新バージョン「2014J v3」をリリースした。同製品は定額制のサブスクリプション方式で販売しており,初回費用は「ComponentOne Studio Enterprise」の1ユーザーライセンスで16万2,000円(税込。以下同様)⁠1年単位の更新費用は初回費用の40%である6万4,800円。

新バージョンの新機能として,Microsoft Excelのピボットテーブルおよびピボットグラフに類似したオンライン分析処理コンポーネント「OLAP(オーラップ)⁠を,Windowsフォーム/WPF/Silverlightアプリケーション開発用のエディションに追加した。OLAPコンポーネントは,クロス集計(多次元データ分析)に最適化したデータグリッド。コントロールにデータバインドするだけで,Excelのようなピボットテーブルをアプリケーション上で作成できる。

「OLAP」のほか,同製品の新機能は以下の専用サイトで確認のこと。

グレープシティ⁠株⁠
URL:http://www.grapecity.com/

コメント

コメントの記入