ニュースリリース

SRA OSS, PostgreSQL 9.4に対応した「PowerGres V9.4」発売,管理ツールがWebベースに

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

SRA OSS, Inc.日本支社は1月29日,オープンソースDBMSであるPostgreSQL互換で簡単なインストールと使いやすさを追求したやサポートを提供する「PowerGres」の新バージョン「PowerGres V9.4」を発表,1月30日に発売した。さまざまな製品構成をもつPowerGresファミリのうち,今回販売を開始するのはPowerGres on Linux,PowerGres on Windowsの2製品。いずれも2014年12月にリリースされたPostgreSQL 9.4の完全互換製品となっている。

最大の特長は,同梱するオリジナルの管理ツール「PowerGres Administration Tool」のリニューアル。これまでのクライアントアプリケーションからWebアプリケーションに変更されし,リモートホスト上のデータベースでも OS にログインすることなくWebブラウザを使って管理できる。これにより,仮想環境やクラウド環境でより快適に利用できるとのこと。

Webアプリとなった管理ツール「PowerGres Administration Tool」の表示

Webアプリとなった管理ツール「PowerGres Administration Tool」の表示

そのほか,バイナリ形式のJSONデータ型のサポート,外部データラッパの書き込みに対応,インデックスのみを参照したデータスキャン,カスケーディングレプリケーションへの対応などが新機能として利用できる。

価格(税抜き)はPowerGres on Linux V9.4,Windows V9.4とも48,000円,サポート価格は1年契約が8万円,5年契約が36万円など。詳しくは製品サイトを参照。

PowerGres
URL:http://powergres.sraoss.co.jp/

コメント

コメントの記入