ニュースリリース

LINK,ベアメタル型アプリプラットフォームでファイアウォール機能の無償提供を開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

⁠株⁠リンクは2015年2月18日(水)⁠物理サーバの追加・削除・コピーがGUIの操作で可能なベアメタル(OSの入っていない物理サーバ)クラウドサービス「ベアメタル型アプリプラットフォーム」において,ファイアウォール機能の提供を開始した。

ベアメタル型アプリプラットフォームでは,利用者のサーバはローカルIPアドレスで接続されており,ユーザごとに割り当てられたゲートウェイ機器経由で外部と接続する仕組みとなっている。しかし,多発する情報漏えい事件などにより,より高いセキュリティを求めるユーザも増えており,今回管理コントロールパネルからファイアウォール機能を利用できるようにし,すべてのユーザに対して無償で提供した。

このファイアウォールはパケットフィルタリング型で,TCP/UDP/ICMPに対応する。ユーザは管理コントロールパネルからポリシーの追加・削除,有効・無効等の切替操作を行える。

同社は今後も,IPS/IDSなどのセキュリティ機能強化やVMのバックアップ,V2V/V2P/P2Vの移行など,機能拡充を予定している。

ベアメタル型アプリプラットフォームの詳細はhttp://app-plat.jp/を参照のこと。

⁠株⁠リンク
URL:http://www.link.co.jp/

コメント

コメントの記入