ニュースリリース

トレジャーデータ,製造業のIoTや企業の事業部門のデジタル化へのさらなる注力を発表,ユーザコミュニティも発足

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

米トレジャーデータ,および日本法人であるトレジャーデータ⁠株⁠は6月4日,同社の事業についての説明会を開催した。

トレジャーデータはビッグデータ上の非構造化データを収集,保管,分析用の加工を並列分散処理により行う「トレジャーデータサービス」を提供しており,現在ではデータ件数にして18兆,1秒間に50万件のデータが同社のサービス上で新たに収集され,解析可能な状態で保管され続けている。

2012年の日本法人設立時から,製造業を対象としたIoT分野での事業展開を目指していたが,2015年はこの分野におけるパートナー企業との連携を強化し,具体的なソリューションを提供していくという。本社のある米国,日本に加え,2015年1月に開設された韓国・ソウル支社での活動も合わせて,よりグローバルな展開も目指していくとのこと。

合わせて,従来から注力しているデータ分析面では,オープンのデジタルマーケティングプラットフォーム(DMP)との接続を強化し,企業のもつデータソースを組み合わせて有効活用,分析に至る流れをより利用しやすくしていくという。

同日,日本国内の顧客サポートの一環として,⁠トレジャーデータ ユーザー会」が発足し,その会合も開かれた。ユーザー会には同社社員も参加,緊密な技術情報交換を行っていく。

技術的な展開について語る米国トレジャーデータCTO,太田一樹氏。⁠IoTというのはバズワード」と言いながらも,データ収集,分析の両面で「サイロ化したものを崩していく」と戦略にブレがないことを強調した。

技術的な展開について語る米国トレジャーデータCTO,太田一樹氏。「IoTというのはバズワード」と言いながらも,データ収集,分析の両面で「サイロ化したものを崩していく」と戦略にブレがないことを強調した。

IoT関連事業の具体的な展開について説明するトレジャーデータ⁠株⁠代表取締役社長,三橋秀行氏。日本のユーザ企業向けに導入支援を強化していくという。

IoT関連事業の具体的な展開について説明するトレジャーデータ(株)代表取締役社長,三橋秀行氏。日本のユーザ企業向けに導入支援を強化していくという。

「我々のやっていることもやがてコモディティ化する」という米国トレジャーデータCEO,芳川裕誠氏。それに備えて顧客と共にデータ活用のハブ的な仕組みを構築することで,GoogleやAmazonといった芳川氏が「インターネット・ジャイアント」と呼ぶ企業にも対抗していく姿勢を訴えていた。

「我々のやっていることもやがてコモディティ化する」という米国トレジャーデータCEO,芳川裕誠氏。それに備えて顧客と共にデータ活用のハブ的な仕組みを構築することで,GoogleやAmazonといった芳川氏が「インターネット・ジャイアント」と呼ぶ企業にも対抗していく姿勢を訴えていた。

トレジャーデータ
URL:http://www.treasuredata.com/jp/

コメント

コメントの記入