ニュースリリース

IoTプラットフォームを目に見える形で身近に ─元AWS玉川憲氏が率いる企業ソラコムが始動

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

9月30日,2014年までアマゾンデータサービスジャパン技術本部長を務めていた玉川憲氏が代表取締役社長として創業し,その動向が注目されていた⁠株⁠ソラコムが具体的なサービスを発表,提供も開始した。それはまったく新しい発想のIoTプラットフォームだった。発表に先立ち29日に行われたメディア向け説明会の模様を交えてそのサービスのもたらすものについて紹介する。

説明会でサービスを紹介する⁠株⁠ソラコム代表取締役社長 玉川憲氏

説明会でサービスを紹介する(株)ソラコム代表取締役社長 玉川憲氏

IoTに特化したMVNOプラットフォーム「SORACOM プラットフォーム」

説明会の冒頭,玉川氏はAWSの前職であったIBMで10年以上前,Apple Watchのようなデバイスの開発に当たっていたことを明かし,そのときから今に至っても未解決の問題がデバイスネットワークにはいくつかあると語った。中でも玉川氏が最も問題視するのが「通信手段」に関するものだ。

IoTのさまざまな問題点

IoTのさまざまな問題点

IoTには無線LANなどの通信手段が使われることが多いが,基地局がどこにでもあるわけではなく使われる場所が限られる。携帯電話網を利用すればその問題は解決するが,通信料等が「人向け」のプランしか用意されていない。さらにデバイスネットワークを管理する仕組みがない。ここに踏み込むには自ら通信キャリアと直接接続し,パケット交換,帯域制御,顧客管理,さらにはISP的な役割 を果たすしかない。これはMVNO(Mobile Virtual Network Operator)そのものになってしまう。

しかし現状だれもが考えるような形のMVNOサービスには「テクノロジのイノベーションを持ち込む隙間がない」⁠玉川氏)⁠また携帯キャリアの基地局だけを借り,接続するデータセンターを所有し,ISPも自前で行うとすると「2ケタ億円の投資が必要」とのこと。ソラコムのようなスタートアップベンチャーにはとても手を出せるものではない。

そこで同社が考えたのが,携帯基地局と専用線接続したクラウド上にパケット交換,帯域制御,顧客管理等のシステムを載せるというアイデアだ。これにより大量の「モノ」がつながり,クラウドを利用することによってムダなリソースやコストがかからなくなる。これが同社の提供する「SORACOMプラットフォーム」の基本的なコンセプトだ。

SORACOMプラットフォームの概要

SORACOMプラットフォームの概要

携帯基地局と同社のクラウド上のデータセンターを直接接続したことでセキュリティ上も有利になった。デバイス間の通信がインターネットを通らないため,閉域網に近いセキュリティが確保されることになる。携帯網独自の暗号化によりVPNなども不要となり,通信データのオーバーヘッドもかからない。

ユーザーコンソールからSIM1枚単位で制御可能

ユーザーコンソールからSIM1枚単位で制御可能

デバイス専用データ通信SIM「SORACOM Air」

ただ「クラウド上だけのサービスではおもしろくない」⁠玉川氏)との考えから,同社はさらに一歩踏み込み,携帯キャリアと提 携して同社専用のデータ通信SIMカードを販売する。これが「SORACOM Air」だ。NTTドコモのLTE/3G通信網を使用するSIMカードで,同社のサイトおよびamazon.co.jpから1枚単位で購入することができる。購入は企業はもちろん個人でも可能で,1枚の購入は事務手数料,送料込みで580円。通信料は基本料金が使用前5円/日,使用開始後が10円/日,データ通信による従量課金が通信速度(32k~2M)によって0.2~1円/MBとなっている。このほかSMS機能つきのカードもラインナップされている。

SORACOM Airの最大の特徴は,SIMの通信開始,休止,速度制御,状態監視などをWebのユーザーコンソールやAPIを利用したプログラムを使ってコントロールできる点にある。Air SIMを装備した遠隔地にある数万におよぶIoTデバイスを一度にアクティベートするといったことが簡単に可能となる。夜間だけ通信速度を上げて昼間は止めるといった細かい制御も可能である。APIについては公開されており,同社の開発者向けサイト公式ブログで利用例など積極的に情報が提供されていく予定。

SORACOM Air

SORACOM Air

APIによる操作

APIによる操作

なおSORACOM Airの料金を従量制にした理由について,同社ではIoTでの通信利用の特殊性を挙げている。IoT利用者によっては通信速度をまったく必要としなかったり,1日数分だけ使用すれば済む場合など,通信量についてもごくわずかしかかからないケースが意外と多い。固定料金が有利なケースも確かにあるが,それはユーザやパートナー企業等が自由にデザインしてサービス提供することも考慮しているという。

補足:ユーザーコンソール,APIのセキュリティ

ソラコムのネットワークの通信そのものについては,SIMカードによるキャリア認証を突破する必要があるので事実上なりすましなどは防ぐことができるのは記事でも紹介したとおりである。

一方気になるのはユーザーコンソールやAPIを使ったコントロールアクセスのセキュリティである。こちらはインターネット経由で操作する可能性もあり,通常のWebアプリケーションと同様の危険性が存在する。

この点についてのセキュリティ対策について伺ったところ,APIのエンドポイントには暗号化通信の業界標準であるSSL/TLSの適用の徹底,不要なインターフェースへのアクセスの回避,一定期間で無効化される認証トークンの利用など,セキュアなAPIを提供するための対策を施しているとのこと。

またユーザとの協力の元,辞書攻撃に強いパスワードを使うパスワードポリシーの適用や,厳密なアカウント情報管理の運用の啓蒙を続けているという。

著者プロフィール

小坂浩史

gihyo.jp編集部 所属。最近では電子書籍の制作にも関わる。

コメント

コメントの記入