ニュースリリース

アドバンスソフトウェア,Excel 2016に対応したExcelファイル生成コンポーネント「ExcelCreator 2016」を発売

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

アドバンスソフトウェア⁠株⁠は11月26日,Windows上でExcelファイルを生成するコンポーネントExcelCreatorの最新版「ExcelCreator 2016」を発売した。

「ExcelCreator 2016」は,Visual Basic .NET,Visual C#,ASP.NETで作成したプログラムでExcelファイルを簡単に作成することができるコンポーネント。実行環境にExcelのインストールは不要で,プログラム中で高速にExcelファイルを作成できる。既存のExcelファイルの上書きや別ファイルへの保存が可能なほか,セルの書式,Excel関数や計算式,オートシェイプ等の設定,行/列の挿入,削除等の操作が簡単なコーディングで実現できる。

新バージョン「ExcelCreator 2016」はExcel 2016に対応し,Expressコンポーネントを使用すると大量データを高速に生成することができる。ExcelファイルをPDFやHTMLファイルに変換して出力する機能も持つ。

同製品は,Excelのファイル形式(xls/xlsx)⁠および動作環境(.NET/ActiveX)の違いによる3製品の統合パッケージとなっている。

製品名対応ファイル形式動作環境
ExcelCreator 10.0 for .NETxlsx/xls.NET
ExcelCreator Ver3.6xlsxActiveX
ExcelCreator Ver3.0xlsActiveX

上記のうちバージョンアップされたのは.NET版の「ExcelCreator 10.0 for .NET」⁠従来はxlsx,xlsの生成ファイル別にコンポーネントも分かれていたが,同一のコンポーネントで対応できるようになった。

価格は1クライアント開発ライセンス69,120円(本体価格64,000円)⁠ExcelCreator 2016を組み込んで開発したアプリケーションをサーバに配置して使用する場合は別途サーバーライセンスが必要。サーバーライセンスはxlsx形式用,xls形式用のコンポーネントがそれぞれ129,600円(本体価格120,000円)⁠両方の形式を扱える統合コンポーネントが194,400円(本体価格180,000円)⁠

ExcelCreator 2012 製品情報
URL:http://www.adv.co.jp/product/product_excelcreator2016.htm
アドバンスソフトウェア⁠株⁠
URL:http://www.adv.co.jp/

コメント

コメントの記入