ニュースリリース

グレープシティ,新帳票ツールFlexReportが追加されたComponentOne Studio 2015J v3を発売

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

グレープシティ(株)は1月20日,Windows業務アプリケーション開発用のコンポーネントスイート「ComponentOne Studio」の新バージョン2015J v3をリリースした。

ComponentOne Studioは,Windowsフォーム,ASP.NET Web Forms,ASP.NET MVC,WPF,Silverlight,Windowsストアのアプリケーションを開発できるコンポーネントを収録したスイート製品。プラットフォームごとにデータグリッドやチャート,帳票,コンテナやナビゲーションといったUI部品が揃っている。統合開発環境やOSのアップデート,新しいフレームワークが登場するごとに新たなエディションが追加され,現在の形となった。

ComponentOne Studio 2015J v3には新機能として,帳票コンポーネント「FlexReport」が追加されている。FlexReportは,高速で軽量,正確さと安定感,多彩な表現力を兼ね備えたコンポーネント。付属している専用デザイナは,直観的な操作で簡単に帳票をデザインすることができ,開発完了後にエンドユーザ自身でレポートのデザインを微調整したい場合等にも利用できる。

ComponentOne Studioは,1年定額制のサブスクリプション方式で販売される。初回費用は,最上位エディションである「ComponentOne Studio Enterprise」の1ユーザライセンスあたり162,000円(税込),年間更新費用は64,800円(税込)。この他,Windowsフォーム,ASP.NETといった利用プラットフォーム別のライセンスも用意されている。

ComponentOne Studio
URL:http://c1.grapecity.com/

コメント

コメントの記入