ニュースリリース

ファーストサーバ,シマンテックの常時SSL推進プログラムに参加,シマンテックのSSLサーバ証明書の無料利用が可能に

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

ファーストサーバ⁠株⁠は,シマンテックが展開する「Encryption Everywhereプログラム」に日本企業で初めて参加し,同社が提供するZenlogicホスティングサービスメニューに,シマンテックのSSLサーバ証明書を無料または特別価格で実装し,2016年8月30日より提供を開始した。今後日本市場でのSSLサーバ証明書の普及・拡大を行い,共同で「常時SSL」の啓蒙活動を進めるという。

公共Wi-Fiやスマートフォン,タブレットの普及,さらにIoTが浸透するにつれ,日常生活でインターネットを意識することなく利用できるようになった。これによりHTTPS等の暗号化通信は,個人情報を入力するフォームやショッピングカート等だけでなく,さまざまな利用シーンで必要となってきた。これを可能とするWebサイト全体のHTTPS化=「常時SSL化」への取り組みは海外でも進んでいる。

ファーストサーバ,2016年2月に無料SSL証明書「Let's Encrypt」の提供を開始し,常時SSL化を推進してきた。2月の「Let's Encrypt」無料SSL証明書の提供開始後,Zenlogicホスティングユーザへの証明書発行数は開始前の約10倍となったが,それでもフォームページへのアクセスを「https」のみに限定しているサイトは全体の約13%,HTTPSによる通信は全体の約30%にとどまっているという。それらの実績ををふまえ,今回シマンテックが提供を開始した「Encryption Everywhere」に国内事業者として初めて参加し,サービス連携によるSSLサーバ証明書の利用普及・拡大を図っていくとのこと。

Zenlogicホスティング利用者は,Webサイトの特性に応じて適切な種類のSSLサーバ証明書を選択できるようになる。シマンテック,および子会社のジオトラストのSSLサーバ証明書をホスティングメニュー利用時に無料または特別価格で提供する。SSLサーバ証明書の申し込みから設定までがシステム化されるため,簡単で迅速にサイトの全通信を暗号化することが可能となる。

SSLサーバ証明書-Zenlogic
URL:https://zenlogic.jp/service/ssl/

合わせて常時SSLに関する情報を発信するサイト「常時SSL Lab.」も始動。HTTPのサイトをHTTPSにする方法等の実践的な情報を提供する。

常時SSL Lab.
URL:https://zenlogic.jp/aossl/

また,サービス開始記念に,FacebookまたはTwitterアカウント所持者向けの常時SSL啓蒙キャンペーンも開催される。キャンペーン期間は2016年8月30日~2017年2月28日。

常時SSLって知ってる?世界のジョージ プレゼントキャンペーン
URL:https://zenlogic.jp/campaign/aossl/

コメント

コメントの記入