ニュースリリース

楽天,軽量7.8インチ電子書籍リーダー「Kobo Aura ONE」発売

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

楽天株式会社は2016年9月6日,同社の電子書籍リーダーシリーズの最新モデル「Kobo Aura ONE」を発売した。

7.8インチの Carta E Ink HD タッチスクリーンを採用したKobo Aura ONE

7.8インチの Carta E Ink HD タッチスクリーンを採用したKobo Aura ONE

今回の最大の特徴は,自動調光やブルーライトを軽減する機能を搭載している点。これにより,昼夜問わず,目に優しい電子読書体験を実現する。スクリーンには,Carta E Ink HDを採用し,7.8インチの高画角に対して230gという軽量化を図っていることなども特徴の1つ。

「ユーザの読書体験を再優先に考えて開発した電子書籍リーダーです」と説明する楽天株式会社常務執行役員相木孝仁氏

「ユーザの読書体験を再優先に考えて開発した電子書籍リーダーです」と説明する楽天株式会社常務執行役員相木孝仁氏

Kobo Aura ONEは,これまで発売してきたE Ink電子書籍リーダーの中で最も高解像度となる1,872×1,404(300ppi)の解像度となっており,内蔵メモリ容量も過去最大の約8Gバイトとなっている。

このほか,端末ロック機能が追加されたことでプライバシー保護の強化を行ったり,水深2メートルの環境下で最大60分の使用が可能な防水機能が追加された。

価格は22,800円(税抜き)⁠オンライン楽天Kobo電子書籍ストアのほか,ビックカメラや書店内Koboストアといった実ストアで販売されている。

今回の発表に合わせて来日したカナダRakuten Kobo Inc. CEOのマイケル・タンブリン氏

今回の発表に合わせて来日したカナダRakuten Kobo Inc. CEOのマイケル・タンブリン氏

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入