ニュースリリース

KDDI×ソラコム ―IoT特化型回線サービス「KDDI IoTコネクト Air」をリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

2016年10月19日,KDDI株式会社は,株式会社ソラコムとの共同開発によるIoTに特化した回線サービス「KDDI IoTコネクト Air」をリリースした。サービス提供は2016年12月以降を予定している。

大手通信キャリアKDDIがIoTに本格参入!

KDDI IoTコネクト AirはKDDIの携帯電話通信網を利用したIoT向けの回線サービス。KDDIから提供されるSIMカード(4G LTE)をIoTデバイスに挿して利用する。大きな特徴は次の2点。

(1)申し込み~通信の管理はすべてWebから

Webから本サービスに申し込むとSIMカードが発送される。カードを受け取り,ネットワーク接続設定を行うことですぐに利用を開始できる。さらに,通信の利用開始/休止/中断/再開/解約,利用状況の確認,通信速度クラスの変更などもすべてWebから可能で,複数のSIMを一括・集中管理できる。

(2)IoTに特化した料金体系

SIMカード1枚につき,契約事務手数料1,500円,1日10円の基本料金(SMS基本料含む),1MBあたり0.2円~のデータ通信量というシンプルで安価な料金体系になっている。

「KDDI IoTコネクト Air」通信料

通信速度クラス32kbps128kbps512kbps2Mbps
上り0.2円/MB0.22円/MB0.24円/MB0.3円/MB
下り0.6円/MB0.7円/MB0.8円/MB1.0円/MB

夜間AM2:00~AM6:00での通信は,どの速度クラスでも0.2円/MB
国内SMS通信料は,送信料:3円/1回,受信料:0円

KDDIによれば,今後は回線サービスだけではなく,IoTのための上位のアプリケーション・クラウドサービスまでもセットで提供していく予定とのこと。

新しいオフィスも公開,IoT業界を牽引するソラコムにも注目

今回発表されたKDDI IoTコネクト Airは,ソラコムの携帯通信コアネットワーク「SORACOM vConnec Core」とKDDIのネットワーク回線を活用し,2社が共同開発したものとなっている。

SORACOM vConnec Coreは,ソラコムが提供するSORACOM AirやSORACOM Beamといった各種サービスの中核となるテクノロジ。Amazon Web Services上に,パケット交換・顧客管理・課金・帯域制限・API/Web・クラウド連携といった機能を実装した,いわば「バーチャルキャリア」であり,ソラコムのコアコンピタンスとなっている。KDDIから「できるだけ早くIoT業界に参入してサービスを立ち上げたい」という相談を受け,本コア技術を提供するに至ったという。

IoTに興味があるユーザからみれば,IoT用途の携帯電話回線として,ソラコムに加えKDDIという選択肢が増えることになる。ソラコムの同型サービスであるSORACOM Airと比べると,価格の面ではややKDDI IoTコネクト Airに分があるが,併せて利用できるサービスの豊富さという面では現状ソラコムが有利といえる。

プレイヤーが続々参入するIoT業界に,今後も注目していきたい。

赤坂のソラコム新オフィス入口にて:(株)ソラコムCEO 玉川 憲氏(右)とCTO 安川 健太氏(左)

赤坂のソラコム新オフィス入口にて:(株)ソラコムCEO 玉川 憲氏(右)とCTO 安川 健太氏(左)

著者プロフィール

中田瑛人(なかたあきと)

Software Design編集部所属。2014年 技術評論社入社。

コメント

コメントの記入